お問い合わせ
お知らせ

利用者への支援で必ず必要になってくるのが、「個別支援計画」。障がい者グループホームの場合は、6か月に1回以上の作成・見直しが必要です。その中で不備が見つかると、大幅な減算に繋がることも。

そこで今回は、障がい者グループホームの個別支援計画について、作成手順や注意点を紹介します。

障がい者グループホームの個別支援計画①作成手順

障がい者グループホームの個別支援計画は、次のような流れで作成・実施していきます。

 

  1. アセスメント(生活状況や生活目標などの聴取)
  2. 個別支援計画の作成(原案)
  3. 担当者会議(内容や期間の妥当性、加算に関する記述などの確認・意見交換)
  4. 個別支援計画の説明と同意
  5. モニタリング(計画の実施状況の確認)

 

以上の流れを、障がい者グループホームの場合は「6か月に1回以上」行うことが必要です。

障がい者グループホームの個別支援計画②注意点

個別支援計画の作成や実施については、実地指導で不十分な箇所を指摘されることも少なくありません。そのような事態を避けるためにも、次の3つには特に注意していきましょう。

 

  • アセスメントや担当者会議は、実施した日時や内容をしっかり記録・保管する
  • 利用者、または家族の署名捺印をもらい忘れないようにする
  • 障がい者グループホームの場合、個別支援計画の作成頻度は「6か月に1回以上」

 

上記以外にも、「モニタリングがきちんとされていなかった」「サビ管以外がアセスメントしていた」という不備が発覚すると、「個別支援計画未作成減算」が適用される恐れがあるため、注意が必要です。

個別支援計画未作成減算

個別支援計画未作成減算は、個別支援計画を作成・実施する一連の流れの中で不備が見つかった場合に適用されます。具体的な減算率は、次のとおりです。

 

  • 減算適用で30%~減算
  • 減算適用3か月以後は50%の減算

 

このように大幅な減算となるため、個別支援計画の作成には十分留意していきましょう。

まとめ

障がい者グループホームの利用者に対する支援には、個別支援計画の作成と見直しというサイクルが必要不可欠です。不備が生じると、大幅な減算によって、痛手を負うことになる可能性も。加算や減算についてお悩みの方は、障がい者グループホームに強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へ早めに相談しましょう。

 

参考文献

障がい者グループホーム実地指導の急所|一般社団法人日本福祉事業所協会

記事の一覧へ戻る

障がい福祉業界に関する
知識とノウハウを持った
スペシャリストたちが
隅々までチェック

まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。