お問い合わせ
お知らせ

障がい者やその家族の事情に合わせて、一時的に宿泊サービスを利用する「短期入所」。

短期入所には併設型・独立型・空床型の3つがあり、障がい者グループホームの中には空室を利用した「空床型短期入所」を運営しているところも少なくありません。

そこで今回は、障がい者グループホームの空床型短期入所について、基礎知識やメリット、必要な人員・設備を紹介します。

 

障がい者グループホームの空床型短期入所とは

障がい者グループホームの空床型短期入所では、空室となっている居室の一部を「短期入所の居室」として利用します。例えば、「7室中5室を障がい者グループホーム、2室を短期入所として利用する」など。

障がい者グループホームで空床型短期入所を行うメリットとしては、「空床による収益減のリスクを減らせる」という点です。障がい者グループホームは空室が発生すると、1室につき15~20万円の収益減となります。空室を利用して短期入所を運営することは、このような空室リスクを排除し、安定的な収益の確保が実現できます。

また、障がい者グループホームをはじめ、障がい者支援施設などへの入所待ち障がい者も利用可能。次の生活の場へ移行するまでの受け皿としても、障がい者グループホームの空床型短期入所は社会的意義のある事業です。

 

障がい者グループホームの空床型短期入所で必要な人員・設備

障がい者グループホームの空床型短期入所では、管理者や生活支援員などの人員が兼務できます。夜間の支援を必要とする場合は、短期入所の人員基準で職員を配置します。

また、浴室や洗面、トイレなどの設備も、障がい者グループホーム・短期入所で共有可能。このように、障がい者グループホームを開業していれば、それほど大掛かりな準備を必要とすることなく、空床型短期入所の運営ができます。

 

まとめ

障がい者グループホームの空床型短期入所は、空室による収益減を救済できる画期的な事業です。収益の確保でお悩みの方は、障がい者グループホームに強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へお早めに相談することをオススメします。

 

参考文献

地域でショートステイを推進するために|独立行政法人国立重度知的障がい者総合施設のぞみの園

記事の一覧へ戻る

障がい福祉業界に関する
知識とノウハウを持った
スペシャリストたちが
隅々までチェック

まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。