お問い合わせ
お知らせ

鹿児島県の障がい者グループホームは、令和3年10月時点で「198か所」。これから鹿児島県で障がい者グループホームを開業する予定の方は、「どんな競合がどれくらいあるんだろう」とエリア調査を進めているところでしょう。

そこで今回は、鹿児島県の障がい者グループホームについて、地域別の平均利用定員数や新規開業数の推移などを紹介します。

 

鹿児島県の障がい者グループホーム各種データ一覧

地域別障がい者グループホーム数・平均利用定員数

鹿児島県の障がい者グループホームを地域別にみると、次のとおりです。平均利用定員数は種子島・屋久島地方で最も多く、大隈地方で最も少なくなっています。

 

障がい者

グループホーム数

利用定員合計 平均利用定員数
薩摩地方 148か所 2283人 15.4人
大隅地方 32か所 438人 13.7人
種子島

屋久島地方

7か所 135人 19.3人
奄美地方 11か所 166人 15.1人

 

※薩摩地方:鹿児島市枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、薩摩川内市、日置市、霧島市

      いちき串木野市、南さつま市、南九州市、伊佐市、姶良市、薩摩郡

      出水郡、姶良郡

 大隅地方:鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、曽於郡、肝属郡

 種子島・屋久島地方:西之表市、鹿児島郡(三島村)、熊毛郡

 奄美地方:奄美市、鹿児島郡(十島村)、大島郡

 

新規開業数の推移

鹿児島県の障がい者グループホームは、令和3年に「18か所」開業しました。令和2年には「14か所」、令和元年には「13か所」開業しており、年々増加傾向にあります。

 

法人種別

鹿児島県の障がい者グループホームを運営する法人は、社会福祉法人が最も多く「108か所」。次いで、医療法人が「28か所」、株式会社が「26か所」、NPO法人が「18か所」、合同会社が「10か所」、一般社団法人が「4か所」、公益社団法人・有限会社が「2か所」となっています。

 

まとめ

障がい福祉サービスの1つである障がい者グループホームは、鹿児島県でも需要が高い事業です。開業地域についてお悩みの方は、障がい者グループホームに強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へお早めに相談することをオススメします。

 

参考文献

社会福祉施設の整備・運営|厚生労働省

保健・福祉施設一覧表6|鹿児島県

記事の一覧へ戻る

障がい福祉業界に関する
知識とノウハウを持った
スペシャリストたちが
隅々までチェック

まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。