お問い合わせ
お知らせ

障がい者グループホームはさまざまな費用がかかる…

障がい福祉サービスの1つである障がい者グループホーム(共同生活援助)は、利用者が過ごすスペースを確保するために多額の費用が必要です。しかし、開業者のほとんどは「なるべく費用を抑えたい」と考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、障がい者グループホームの開業・運営費用を抑える方法を3つ紹介します。「こんな方法もあったんだ!」と驚くような新しいサービスも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

障がい者グループホームの開業・運営費用を抑える方法

人件費や物件費、水道光熱費など…障がい者グループホームは運営中はもちろん、開業前からさまざまな費用が必要。開業・運営費用を抑えたい方は、次の2つを検討してみてはいかがでしょうか。

 

補助金制度を活用する

開業準備のための費用を自己資金や融資額でまかなう場合は、運営費用を補助金で補てんすることが多いです。補助金は手続きがやや煩雑で入金までに時間がかかりますが、その分支給額が大きいメリットがあります。

また、開業準備を早めに進めている場合は、「社会福祉施設等施設整備費補助金」や「障がい者グループホーム緊急整備補助金」などを申請して、各種設備を整える費用として使用することもできます。

 

空き家を利用する

開業費用の約半分は、障がい者グループホームを運営する物件の建築費・内装工事費など。物件に関係する費用を抑えることは、すなわち開業費用を抑えることに繋がります。

そのため、障がい者グループホームを開業する事業所によっては、空き家を有効活用する例も。通常の2/3~1/2にまで物件関連費を削減できることが多いため、空き家の利用を検討する開業者が増えてきています。

 

まとめ

障がい者グループホームの開業・運営には、多額の費用が必要。しかし、国や自治体の制度や企業のサービスを利用することで、大幅な費用削減も可能です。各種費用を抑えたい方は、障がい者グループホームに強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へお早めに相談することをオススメします。

 

参考文献

社会福祉施設の整備・運営|厚生労働省

地域福祉事業の展開に向けた空き家活用のケーススタディ|まちぽっと

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。