お問い合わせ
お知らせ

「グループホームの専門税理士」3つのメリット

グループホームを開業・運営する中で、主に経理に関わる部分のサポートとして顧問契約することが多い税理士。このとき、グループホームの事業内容や会計処理に精通した「障がい福祉専門の税理士事務所」であることが望ましいです。その理由は次のような3つのメリットにあります。

 

資金繰りが安定する

障がい福祉専門の税理士事務所であれば、グループホームを開業・運営していく上で必要な経費を把握し、現実的な見積もりを出すことが可能。また、融資を受ける際にも説得力のある申請書類を作成することができ、申請が通りやすくなります。

さらに、会計処理時には経理担当者と障がい福祉専門の税理士事務所のダブルチェックによって、ミスのない請求も可能。スムーズに収益が入金され、資金繰りの安定化に一役も二役も買ってくれます。

 

黒字経営を目指すことができる

グループホームに強い障がい福祉専門の税理士事務所は、単なる「チェック業務」だけで終わりません。細やかな収支シュミレーションを元に赤字分析をし、赤字改善に向けた案を積極的に提案してくれます。障がい福祉分野に精通しているだけあって、豊富な実績と経験から現実的な改善案を出してくれるのです。

 

理想の施設運営を実現できる

「開業前に持っていたグループホームのビジョン…資金繰りや会計処理で手一杯でなかなか実現できない…」そんなときこそ、障がい福祉専門の税理士事務所に相談しましょう。障がい福祉専門の税理士事務所であれば安心して経理関係を一任でき、その分運営側は利用者や職員への目配り・心配りができます。開業前に持っていたビジョンに向けて、着々と施策を考案・実行していくことも可能です。

 

「グループホームに強い障がい福祉専門の税理士」選び方

では実際にどのような税理士が「専門税理士」といえるのでしょうか。ここでは3つの視点から、専門の税理士事務所の選び方を紹介します。

 

障がい福祉分野での実績数

一番分かりやすいのが、障がい福祉分野での実績数。多ければ多いほど、好評な口コミからの流入やリピート率の高さがうかがえます。

また、経験が豊富なため、障がい福祉分野に対する理解も十分。その中でもグループホームの実績が多い税理士を選ぶと尚良いでしょう。

 

コンサルティングの多様性・充実性

重要な選び方の1つが、コンサルティング力です。融資などの申請代行や会計処理のチェック業務はもちろん、経営状態の分析・改善案の提示など、多様で充実しているか見てみましょう。

また、予算や事業規模に合わせた柔軟な対応、オプションサービスが可能な専門税理士もいます。

 

最新の情報を積極的に取り入れているか

専門税理士として、グループホームの報酬改定に随時対応するのは大前提。それだけでなく、今ではキャッシュレス化やペーパーレス化など、時勢に合わせたシステムの導入に意欲的な専門税理士もいます。最新の情報とシステムで効果的かつ効率的な運営を進めていきたい方は必見です。

 

まとめ

グループホームを開業・運営する場合、さまざまなメリットが得られる「障がい福祉専門の税理士事務所」と顧問契約することをおすすめします。障がい福祉分野での実績が多く、コンサルティング力のある障がい福祉専門の税理士事務所と一緒に、グループホームの運営を盛り上げていきましょう。

 

参考文献

融資制度一覧|日本政策金融公庫

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。