お問い合わせ
お知らせ

岩手県の障がい者グループホームは令和2年11月1日時点、「369か所」の障がい者グループホームが存在し、「122カ所」の事業所が運営しています。岩手県で障がい者グループホームを開業するなら、エリア調査は必須。

そこで今回は「岩手県の障がい者グループホーム」について、区域別の事業所数や平均利用定員数、対応する障がい種別などを紹介します。

 

岩手県の障がい者グループホーム各種データまとめ

岩手県の障がい者グループホームについては、次のデータを参考にしてみてください。

 

区域別の事業所数と利用定員数

岩手県全域をみると、1つの障がい者グループホーム当たりの利用定員数が少ない傾向にあります。

また、1事業所当たりの障がい者グループホームが最も多いのは、胆江地域。1事業所で25個もの障がい者グループホーム(知的障がい対象)を運営しているところもあります。

 

区域 事業所数 利用定員数(人) 平均利用定員数(人)
盛岡 127 781 6.1
岩手中部 61 335 5.5
胆江 47 219 4.7
両磐 31 188 6.1
大船渡 14 80 5.7
釜石 5 26 5.2
宮古 34 184 5.4
久慈 8 54 6.8
二戸 42 244 5.8

※平均利用定員数は小数点第2位を四捨五入

 

入所できる利用者の主たる障がい

岩手県の障がい者グループホームは、身体・精神・知的障がいのうち、3障がい対応が「77か所」、2障がい対応が「113か所」、1障がいのみが「179か所」です。

このうち、2障がい対応は、すべて精神・知的障がいの組み合わせ。1障がいのみ対応も、精神障がいや知的障がいを対象としている障がい者グループホームが多いようです。

岩手県に障がい者グループホームを開業するなら…

岩手県の障がい者グループホーム数や平均定員数を見る限りでは、需要の地域差はあまりないといえます。そのため、岩手県はほぼ全域で、障がい者グループホームを開業するメリットがあるでしょう。

ただし、地域によっては1事業所あたりに運営する障がい者グループホーム数が多く、競合となる事業所が大きな壁となることも。エリア内の需要や利便性などは、上記のデータに加えて入念に事前調査をすると良いでしょう。

 

まとめ

障がい福祉サービスの1つである障がい者グループホームは、岩手県でも需要が高い事業です。岩手県で開業予定の方は、障がい者グループホームに強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へお早めに相談することをオススメします。

 

参考文献

指定障害福祉サービス事業所・障害福祉施設一覧|岩手県

 

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。