お問い合わせ
お知らせ

障がい者グループホームの集客でパンフレットは必要?

障がい者グループホームの雰囲気を伝えたり、入居費用などを分かりやすく説明したりするときに使えるパンフレット。視覚的な訴求力も高く、集客時にも必須です。

そこで今回は、障がい者グループホームのパンフレットの作り方を紹介します。どんな内容を盛り込めばいいのか迷っている開業者は、ぜひ参考にしてみてください。

 

障がい者グループホームの「パンフレット」作り方

障がい者グループホームのパンフレットは、次のような内容を掲載すると良いでしょう。より有効的な集客効果を得たい場合は、注意点も合わせて確認してみてください。

 

掲載内容

障がい者グループホームのパンフレットは、入居を希望する障がい者の方や、その家族に安心感を抱いてもらえるような内容にすることが大切です。特に、次のような点は注目されることが多いため、必ずパンフレットへ盛り込むようにしましょう。

・費用(入居、月額)

・どんな設備がどれくらいあるか(充実度)

・医療機関との連携体制

・職員や施設全体の雰囲気

・食事内容や日中活動の様子 など

 

注意点

障がい者グループホームは、「よく分からないところで、怖い」「暗いイメージが強い」というイメージが強い傾向にあります。そのため、このような悪いイメージを払拭するように、明るいデザインを心がけてください。黄色やオレンジといった暖色系を使うと、温もりを感じやすいデザインになることでしょう。

また、適度に写真やイラストを添えることで、目に止まりやすく、訴求力アップに繋がります。一番伝えたいこと2~3個を目立つように配置し、その他は小さく掲載するなど、メリハリのあるデザインも有効的です。例えば、空き部屋の数は「残り2部屋!」など具体的な数字を大きく掲載することで、障がい者やその家族に入居を決心させるきっかけになります。その決心が無駄にならないよう、お問い合わせ先はすぐに分かるような位置・大きさで掲載しましょう。

さらに、随時更新・変更するような内容は、パンフレットとは別に作成してください。変更ごとにパンフレットを作り直す手間やコストが削減できます。

 

プロに作成依頼するのもアリ

より効果的なパンフレットやチラシを作成したい場合は、プロのデザイナーなどに作成依頼するのも1つの方法です。費用はかかりますが、その分洗練されたデザインのパンフレットやチラシを集客時に活用できます。

 

まとめ

障がい福祉サービスの中でも、近年参入者が急増している障がい者グループホーム。集客時のパンフレットは掲載する内容やデザインを工夫することで、より有効的な集客効果が期待できます。

集客でお悩みの方は、障がい者グループホームに強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へ相談していきましょう。

 

参考文献

老人ホーム・介護施設案内パンフレット|作り方と企画ネタ|ゼロからの編集学校

障がい者グループホームの入居希望者募集チラシ|アリキヌ

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。