お問い合わせ
お知らせ

「居宅介護事業の専門税理士」いないと大変な収益の算定

居宅介護事業は身体介護・家事援助・通院等介助などがあり、それぞれ算定方法が細かく規定されています。その中には、同類系のサービスを複数回算定する場合に約2時間以上の間隔を空けて実施・算定する「2時間ルール」というものも。

このような独特のルールをよく知らない税理士の場合、経理担当者のミスに気づかなかったり、誤った会計指導をする可能性もあります。すると、国保連から過誤処理通知が来て収益の入金が遅れたり、実地指導時にペナルティが課せられたりする恐れも。

会計処理をミスなく行い、収益の入金をスムーズにしたい場合は「なんとなく」で税理士を選ばず、居宅介護事業の経理に詳しい専門税理士を選ぶようにしましょう。

 

「居宅介護事業の専門税理士」選ぶときのポイント

居宅介護事業に強い専門税理士を選ぶときには、次の4つのポイントを確認しておきましょう。

 

居宅介護事業への理解がある

専門税理士を選ぶ上で最も重要であると言っても過言ではないのが「居宅介護事業への理解」です。居宅介護事業をはじめとした福祉独特の会計基準はもちろん、事業自体への理解があることで、ミスがなくスムーズな会計処理を実現させます。そのため、居宅介護事業をはじめとした訪問系サービスの経験が豊富な専門税理士がおすすめ。

 

メリットとデメリットをしっかり説明してくれる

居宅介護事業に限らず、事業を開業・運営していく上で最も重要なのは「利益を上げる」こと。そのためには適度に節税したり、融資を申請したりする必要があります。そのため、メリットだけでなくデメリットもきちんと説明した上で、最適解を示すことができる専門税理士を選ぶようにしましょう。

 

最新の税法や報酬改定に即対応してくれる

税法や福祉独特の会計基準は、数年ごとに改定されたり、特例が設けられたりします。最新の情報を集め、即座に対応できる力は、経営安定化に大きく寄与します。専門税理士であれば税法や報酬改定に精通しているため、経理担当者と情報を共有しながら対応していくことが可能です。

 

積極的に改善案を提案してくれる

専門税理士は、細やかな収支シュミレーションや自身の経験を元に、より良い経営のための提案をしてくれます。収支分析から赤字となっている分野を洗い出し、改善案を出してくれることも。居宅介護事業を「経営」することに不安がある開業者は、専門税理士が1人いるだけでも非常に心強いことでしょう。

 

まとめ

居宅介護事業に強い専門税理士は、独特の会計基準や税法に対応できるだけでなく、より良い経営のためも助言もしてくれます。経理の経験が浅い事業所や、盤石な経営を目指したい開業者は、居宅介護事業に精通した「障がい福祉専門の税理士事務所」へ相談してみてはいかがでしょうか。

 

参考文献

障害福祉サービス(訪問系) 請求の手引き|墨田区福祉保健部障害者福祉課

融資制度一覧|日本政策金融公庫

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。