お問い合わせ
お知らせ

「放課後等デイサービスの専門税理士」3つのメリット

放課後等デイサービスを開業・運営する中で重要な税理士を「なんとなく」の基準で選んでいませんか?障がい福祉の会計基準は独特のため、十分な知識のない税理士の場合、実地指導時にペナルティが課せられたり、無駄な税金を払い続けたりするデメリットがあります。

一方、専門税理士であれば、そのような不安は一切ありません。むしろ、次のようなメリットが得られることでしょう。

 

融資の申請や会計処理が正確でスムーズ

融資の申請や会計処理は、専門税理士にお任せすると吉。放課後等デイサービスで必要な初期費用や運転資金を、収支シュミレーションから正確に算出することができます。

また、放課後等デイサービスの収益は約2か月遅れで入金されるため、請求間違いで入金がさらに遅れるのは避けたいところ。専門税理士がいれば、経理担当者とのダブルチェックでミスのない会計処理が可能です。

 

事業のビジョンに合わせた収支の分析・提案が可能

放課後等デイサービスの専門税理士は事業内容を十二分に把握しているため、開業者がその都度説明する手間が省けます。また、事業に対する知識が豊富であり、ビジョンを理解・共有しやすい点も。これらを踏まえた収支分析は現実味を帯び、時には赤字分析から改善案を積極的に提案してくれることでしょう。

 

運営側は実働部分に注力できる

経理面を専門税理士に代行依頼できれば、運営側は浮いた時間を利用者や職員へ還元可能。サービスの質の向上はもちろん、職員への教育が行き届き、利用者やその家族に喜ばれる施設へと成長できます。

 

「放課後等デイサービスの専門税理士」選び方

次に、専門税理士の選び方を3つ紹介します。「放課後等デイサービスに強い税理士と顧問契約したい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

放課後等デイサービスと顧問契約した実績はあるか

放課後等デイサービスと顧問契約した実績の有無は、事業に対する理解度、そして各種手続きの正確性に直結します。専門税理士を選ぶときには、実績の有無と数に注目。中には実際に福祉分野で働いた経験がある人が、税理士としてサポートしている場合もあります。

 

多様なコンサルティングが可能か

専門税理士がいる事務所の中には、行政書士や社会保険労務士などの専門家と業務提携しているところも。その分、多様な面でサポートしてくれるため、安心して開業・運営していくことができます。

 

最新の情報にアンテナを張っているか

放課後等デイサービスの専門税理士は、随時変更が加えられる報酬改定に迅速かつ的確に対応可能。また、昨今のコロナ禍に伴ったやり取りの変化(チャット相談、zoomなど)に対応できるか否かも、税理士を選ぶ上で1つの指標となってくることもあります。

 

まとめ

放課後等デイサービスの税理士を選ぶときには、事業内容を良く理解し、正確な会計処理や手続きを代行してくれる「障がい福祉専門の税理士事務所」がおすすめ。実績があり、多様なコンサルティングが可能な「障がい福祉専門の税理士事務所」と顧問契約し、効率的な開業準備・運営を進めていきましょう。

 

参考文献

融資制度一覧|日本政策金融公庫

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。