お問い合わせ
お知らせ

放課後等デイサービスの立ち上げに必要な条件

「放課後等デイサービスを立ち上げたい」「でも上手く経営していけるか不安…」そんな悩みを抱えていませんか?

放課後等デイサービスを立ち上げるためには、法人を設立した上で、指定申請という手続きを行う必要があります。時には行政書士や税理士といった専門家の力を借りながら「開業してもいいですよ」という許可を管轄の行政庁からもらうです。

 

放課後等デイサービス立ち上げ後の「経営戦略」

放課後等デイサービスの指定申請が無事に終わった後は、黒字経営に向けた戦略が大切。ここでは、放課後等デイサービス立ち上げ後の経営戦略を3つ紹介します。

 

保護者の希望を丁寧にヒアリングする

保護者は、単なる「預かり場所」として放課後等デイサービスを利用するのではありません。障がいの特性で苦手としている運動・計算などで、少しでも成長を見られるように利用しているのです。

そのため、保護者が求めている子供の成長像や支援の内容を丁寧にヒアリングし、実践していくことが大切になってきます。

 

集客に力を入れる

早めの黒字化を目指すのであれば、稼働率を高く維持することが大切。そのためには、事業内容を分かりやすく、かつ「利用したい!」と思っていただけるような情報提供が重要です。

例えば、ホームページやフェイスブックなどに事業内容や実際の様子を載せてみると良いでしょう。また、保育園や幼稚園、小学校などへの訪問営業も必須。

さらに、他の放課後等デイサービスにはないサービスを考案し、独自性を売りにするのも1つの方法です。

 

サービスの質を向上させる

どんなに集客が成功しても、サービス内容の質が低ければ離脱率が高くなり、黒字経営の実現は難しくなります。日々のプログラムの質を向上させることは、立ち上げ直後から常に念頭に入れるべきこと。季節に合わせた行事や保護者の勉強会など、定期的にイベントを開催し、子供と保護者両方の満足度が上がるようにするのも大切です。

 

まとめ

放課後等デイサービスを立ち上げた後は、経営を安定化させるためにさまざまな施策が必要。放課後等デイサービスに精通した「障がい福祉専門の税理士事務所」であれば、黒字経営に向けたコンサルティングも担当してくれます。「上手く経営していけるか不安…」という方は、ぜひ「障がい福祉専門の税理士事務所」へ相談してみてください。

 

参考文献

放課後等デイサービスガイドライン|厚生労働省

経営していく上での注意点|ほっとデイ

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。