お問い合わせ
お知らせ

「生活介護の経理」会計処理の基準とは

生活介護事業の経理担当者は、運営されている法人格に合った会計基準や、生産活動を行う場合には「就労会計」を理解する必要があります。いずれも複雑な内容な上、正確な会計処理を求められるため、「障がい福祉専門の税理士事務所」に相談しながら進めると安心です。

 

「生活介護の経理」会計処理のポイント

生活介護事業の会計基準は、株式会社や一般社団法人の場合には「企業会計基準」、社会福祉法人の場合は「社会福祉法人会計基準」、NPO法人の場合は「NPOに関する会計基準」を適用する必要があります。また、同一法人内で他の事業や他の障がい福祉サービスを行っている場合には、各事業ごとに、各サービス区分ごとに、部門別に会計を管理する必要があり、共通経費については、合理的な方法(収入割合など)で按分して各部門に配賦します。なお、生産活動を行う場合には、就労会計で利用者さんの工賃管理を行う必要もあるので注意が必要です。

 

「生活介護の経理」外部専門家の活用

生活介護事業の経理担当者は、かなりの熟練度が必要とされます。正確な会計処理のためには、「障がい福祉専門の税理士事務所」から力を借りることも有力な選択肢の1つです。生活介護事業の経理について「障がい福祉専門の税理士事務所」へ相談する場合、大きく分けると2つの方法が考えられます。

 

各担当者の業務の外注

法人内部でのマンパワーや専門知識が不足している場合は、記帳代行業務や会計指導業務を依頼すると良いでしょう。出納職員や会計責任者へのサポートが得られるため、特に開業して間もない法人で相談したい内容です。

 

チェック業務

法人内部である程度事務処理体制が整っている場合は、会計処理のチェック業務を依頼すると良いでしょう。収支シュミレーションを元に赤字が出ている項目を分析し、改善計画を提案してもらうのも1つの方法です。また、経理上の不備を未然に防ぐことで、のちに余分な税金が課せられたり、ペナルティを受けたりすることが避けられます。

 

まとめ

生活介護事業の経理担当者は、複雑な会計基準を理解し、正確に処理する役目があります。しかし、全てを完璧にこなすことは困難です。特に開業間もない事業所で経理上の不安がある場合は、生活介護事業に精通した「障がい福祉専門の税理士事務所」へ相談することをおすすめします。

 

参考文献

就労支援会計処理基準について|岐阜県健康福祉部障害福祉課

「就労支援の事業の会計処理の基準」の留意事項等の説明|厚生労働省

社会福祉法人経理事務マニュアル|厚生労働省

記事の一覧へ戻る
まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。