お問い合わせ
お知らせ

北海道札幌市には、令和4年3月時点で「462か所」の就労継続支援B型があります。これから就労継続支援B型を開業する予定の方は、エリア調査を進めるところでしょう。

そこで今回は札幌市の就労継続支援B型について、地域別の事業所数や空き状況などを紹介します。

 

札幌市の障がい者数

平成30年度時点における札幌市の障がい者数は、次のとおりです。それぞれ、身体障がい者手帳・療育手帳、精神保健福祉手帳の保有者数から算出されています。

 

18歳未満 18歳以上 合計
身体障がい者 1,455人 82,130人 83,585人
知的障がい者 4,839人 13,202人 18,041人
精神障がい者 26,026人

 

なお、全国では「障がい者のうち約2.9%」の方が就労継続支援B型を利用している計算になります(統計時期が異なり、実際の数値とは差が生じる可能性あり)。札幌市の障がい者数の合計は、「約12.8万人」。全国の数値にならうと、就労継続支援B型の利用を希望する方は「約3,700人以上」はいると見込まれます。

 

札幌市の「就労継続支援B型」各種データ一覧

地域別の事業所数・空き状況

地域別の事業所数や空き状況は、次のとおりです。事業所数は、中央区や東区で最も多くなっています。一方、空き状況の発生率は「西区」や「南区」で最も低く、他の地区よりも就労継続支援B型の需要が高いと予想されます。

ただし、空き状況の更新が止まっている事業所もあるため、実際の数字はこれよりも少ない可能性が高い点はご了承ください。

 

事業所数 空き状況 空き状況の発生率
北区 63か所 43か所 68.3%
東区 72か所 51か所 70.8%
白石区 69か所 53か所 76.8%
厚別区 17か所 11か所 64.7%
清田区 17か所 11か所 64.7%
豊平区 50か所 33か所 66.0%
中央区 89か所 78か所 87.6%
手稲区 23か所 14か所 60.9%
西区 41か所 23か所 56.1%
南区 21か所 12か所 57.1%

 

 

まとめ

北海道札幌市の就労継続支援B型は、地域によって空き状況の発生率が大きく異なります。開業地域や指定申請でお悩みの方は、就労継続支援B型に強い「障がい福祉専門の税理士事務所」へ早めに相談しましょう。

 

参考文献

障がい者の状況等(基礎的調査等より)|内閣府

障がい者の数|厚生労働省

障がい者数|札幌市

札幌市障がい福祉サービス事業所等空き情報ホームページ

記事の一覧へ戻る

障がい福祉業界に関する
知識とノウハウを持った
スペシャリストたちが
隅々までチェック

まずはお気軽にご相談ください

弊社へのご質問やご相談は、
お問い合わせフォーム、LINE
またはお電話でお問い合わせください。

TEL.06-6361-2300【受付時間】9:00〜18:00(土日祝休み)
メールメールフォームからのお問い合わせLINELINEからのお問い合わせ24時間365日受付、お気軽にご相談ください。